スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折り紙で手裏剣づくり~色を楽しむ♪

手裏剣づくりの魅力は、できあがった後、コレクションしやすいことにもあります。
色を変えて、柄を変えて、組み合わせを変えることで、雰囲気も変わります。

どの組み合わせが好きですか?CIMG2112.jpg



折り紙に限らず、綺麗な色の包装紙や、カラーの広告、新聞のカラー広告などを利用してもできます。

また、自分で模様を描くのも面白いですよね。


そんな、組み合わせを簡単に楽しめるように、我が家ではこんなセットを作りました。



CIMG2185.jpg


混ざってもわかりやすいように、折り紙の種類を変えて、向きの同じものどうしを
同じ箱に入れています。

これで、右から一つ、左から一つ選んで組み合わせれば、手裏剣が一つできあがります。


ちなみに、左側は子どもに大人気のカラーホイル折り紙です。
男の子は、特にこのキラキラ折り紙が大好きなようです。

まだ一人で全てを作ることが難しかったり、作るのに時間がかかったりする子には、
このように組み合わせる楽しみを実感できるような工夫が有効的です。
これで、手裏剣づくりの意欲が持続します♪

まだ折り紙を折ることが自体が難しい小さなベビーちゃんでも、色や柄を選ぶことはできます♪
そこで、好きな柄や色を選んでもらって、その場で作ってあげるのも、
折り紙遊びの第一歩ですよ!

テレビを見ている間や家事の合間に、ちょっと手を動かしてみてはいかがですか?



これがカラーホイルです。別メーカーさんなら、100円ショップでも売ってます♪が、
これは、100円以下です♪


ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログへ ←よかったらポチッとして下さい
関連記事

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

はじめての手裏剣作り~自信を持たせよう♪

今まで、折り紙の経験が少なかった我が家の弟君には、
彼の性格も踏まえて、ある1行程だけ任せ、それ以外は私やお姉ちゃんが作るという
流れ作業を行いました。
でも、その日初めて折る手裏剣1つだけは、フォローしつつ、一人で折ったという
満足感が得られるよう、自力で作ってもらうことを目標にしていました。


自信がつき、意欲がアップしたところで、流れ作業に入ります。
その目的は2つ。

①任せられた行程は、責任もって、綺麗に丁寧に行うこと。

②自分以外の行程は、じっくり見て、覚えること。



自分で行う行程は、その日の気分や話し合いで決めていました。

時間の無い時は簡単なところ。
余裕のある時は、初めての行程にチャレンジ!・・・等。

そのうち、自分で出来るところが増えてくると、自分の行程以外もやりたくなり、
一人で作ることが増えてきます。

そこがほめるチャンスです!!
自分で進んでやろうとする、その努力を誉めてあげました♪

でも、お友達にたくさんあげたいのに、作るスピードが・・・・
という時には、
あらかじめ時間のある時にいくつか作っておいたり、一緒に作りながら少し多めに作り、
自分の作った数と同じだけママが作った手裏剣をあげる!というスタイルに落ちつきました。

頑張った数だけ増えるので、「頑張って作ろう!」という意欲がアップする結果になりました。

そう思ってもらえるよう、以下の2点に気を付けました。

①子どもが使う折り紙とは違う模様や色の折り紙を使用してみる。

②できるだけ綺麗に折るが、あまり角をとがらせないようにする。



こんな風に折れたらいいな~という憧れ・目標をもってもらうことと、
キラキラの折り紙だけでなく、色の配色や模様をうまく活かすことで
より魅力的な作り方ができることに気付いてもらうことを狙っていました。


案の定、数が増やせる喜びだけだったのが、色の組み合わせに着目し始め、
折る喜びだけでなく、作品を味わうようになってくれました


そこで、次の段階へと移ります。

さて、続きはまた次回に・・・。

お楽しみに

いつか、こんなたくさんの色で折ってみたいな



折り紙も進化してますね



ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログへ ←よかったらポチッとして下さい
関連記事

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

はじめての手裏剣作り その4

いよいよ、手裏剣作り最後の行程です。


CIMG2096.jpg


このように、十字に重ねます。
この時、

「小さい△どうしがくっつくように」
「小さい△の上に大きい△をのせる」
「大きい△が外にみえるように」
など、
お子さんの理解しやすい表現で伝えくださいね♪

十字でなくても、斜めに置くのも面白いですよね。
一緒に作ることで、お子さんが発した言葉をうまく活用してあげると、
理解しやすくなると思います。
ぜひ、一緒に作りながら会話を楽しんでください

さて、最後に、小さい△を大きい△の中へ折り入れます。
CIMG2097.jpg

いきなり折って入れることは難しいので、慣れるまでは、あらかじめ折り癖を付けて
あげるとやりやすくなります。

また、折って入れる時にずれてしまうこともよくあります。
そこで、の写真のように、片面だけ入れてあげると、折り紙が固定され、
もう片面を入れやすくなります。

また、この行程の前までがきれいに折れていないと、
なかなか入れ込む事ができません。
入れやすいよう、折る時には重ねないよう伝えたり、さりげな~く直して
あげたりするといいですよ
CIMG2098.jpg




今回までは、手裏剣作りを教える時のポイントを説明してきましたが、
いかがでしたか?

我が家の弟くんは、折り紙初心者ということで、
「お友達にあげたい」という気持ちを尊重して、
毎日1か月ぐらい折り続けていたら、できるようになりました。

作りたい気持ちがあっても、作る労力を考えるとなかなか意欲が持続しないものです。

次回は、どのように折れるようになったのか・・・
の、プロセスについてです♪

お楽しみに


子どもに大人気だったシンケンジャーでは、
折り鶴が武器でしたね♪
ここから、折り紙に興味を持ってもらうのもいいかも♪
ママは、シンケンレッド役の松坂桃李君の活躍が楽しめますよ。




ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログへ ←よかったらポチッとして下さい
関連記事

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

はじめての手裏剣作り その3

今年は、頑張って更新します♪
よろしくお願いします


昨年の続きです。

CIMG2102.jpg

この形が出来るようになったら、・・・
CIMG2092.jpg

さらなる難関が待ち受けています。

小さい△から、大きい△をつくるということです。

CIMG2094.jpg

子どもにとっては、先ほどの小さい△の線に合わせてねじるように折るということが難しいようです
CIMG2093.jpg
でも、上の写真のように、小さい△の線に合わせて折るということを意識させると
わかりやすかったですよ♪

子どもによっては、大きい△を作るということを意識しながら表向きのまま折る方が
わかりやすい子もいるかもしれません。
一緒に作りながら、その子にとってわかりやすい説明をしてあげてくださいね!


ここまできたら、最後の関門です。

じつは、この前の行程で、綺麗に折れていないと、最後の入れ込む作業の難易度がアップしてしまいます。
だから、初めのうちは、子どもが折った後、さりげなーく、綺麗に折り目をつけてあげると
満足度がアップして、「また作りたい」意欲がでてきますよ

折りなおしていることに気付かれると、せっかくの「自分の作品」が
こわされてしまう悲しさにおおわれます・・・。あくまでも「さりげなく」がポイントですよ♪


さて、最後の難関は、次回に・・・。

お楽しみに

そういえば、昔ハリケンジャーの仲間で
シュリケンジャーがいましたね。




ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログへ ←よかったらポチッとして下さい
関連記事

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

はじめての手裏剣作り♪その2

折り紙で手裏剣を作るステップを紹介しています

折り紙を半分に折ることができるようになったら、

次は、角を小さい△に折るところです。

この行程、意外と難しいようで、どの辺とどの辺を揃えるのかがわかりにくいみたいです。
そこで、まずは、角を意識して、尖らせるように伝えます。

次に、尖らせるためは、辺を揃えるとよいことを意識させるとやりやすいようです。

大人なら意識せずに何気なくできることですが、初めての子にわかりやすく伝えるのは
難しいものですよね・・・。


この行程が手裏剣の出来栄えに大きく関わってくるので、ぜひ、きっちり折れるようになりたいものです。


さて、もうひとつの難関が、折る向きです。

折り紙の一方の角を折れたら、くるんと180度回転させて、同じようにもう一度
折るとわかりやすいです。(失敗すると、お山のような形になるので、
お山の形になったら、片方を直すよう伝えています。)

CIMG2092.jpg

また、このように左右違った向きで2つ折ることも重要になります。
でも、折りやすい方向が人それぞれあるので、まずは、折りやすい方を折ってもらい、
もう一方を大人が折ってあげるといいですよ。

自分で折れるようになったら、さっきとは違う向きで・・・でわかるといいのですが、
つい同じものを折りがちです・・・。

そこで、完成形(画像の形)をイメージさせるため、

「(クルマの)初心者マーク」
「若葉マーク」
「矢の先についている羽の形」
「矢印」
など、その子にわかりやすい言葉でイメージしやすくすることがポイントです。

ちなみに・・・我が家では、「ケロロ軍曹に出てくるタママのマーク」が合言葉です。

ケロロ軍曹は、子どもが見ると楽しいけど、大人が見るともっと楽しい!
懐かしいパロディーがいっぱいで深~いです。[
emoji:v-159]
【送料無料】ケロロ軍曹(13) ...

【送料無料】ケロロ軍曹(13) ...
価格:567円(税込、送料別)



こちらが、タママちゃんです。


子どもに「何の形に似ているか」を考えてもらうのもいいですね

続きは、また次回です。

ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログへ ←よかったらポチッとして下さい
関連記事

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

プロフィール

ELMOっち

Author:ELMOっち
はじめまして。
11歳の女の子と8歳の男の子のママです。

ママも楽しみながら、子どもも喜ぶ育児を目指して!
日々、奮闘中です。

そんな生活の中から生まれた、我が家の育児ルールやレシピなどをご紹介していきますね。

ちょっとしたコツで、今までの悩みが吹っ飛ぶ・・・かも?
一緒に子育てをenjoyしましょう♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

ELMOっちメール

皆様からも子育てのコツやアイデアを募集しています。悩みや相談でも結構ですよ。

子育てカテゴリ

子育て最新記事

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

子育てリンク

FC2カウンター

検索フォーム

アクセス解析

あし@

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。