スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時短テクニック♪

ママは、実はとっても大忙しですよね。お金のやりくりもそうですが、毎日の時間との戦いが一番大変かも。

と言うわけで、少しでも台所に立つ時間を少なくするためのコツをご紹介します

根菜は、小さく切ってラップに包み、レンジで1分チンしちゃいましょう。さとと-にんじんさとと-大根
これだけで、下茹でいらず。しかも、栄養も逃げません。にんじん、だいこん、さといもなどに最適です。
にんじんは、このレンジでチンするだけで、青臭さがなくなり、甘みが増します。2歳の息子は、ウサギうさ(通常)?というぐらい、にんじんを探して食べています。ただ、にんじんは油分が多いのでレンジをかけすぎると、焦げて発火したり、炭化します。気をつけてくださいね。

にんじんは皮ごと食べます。にんじん
にんじんは、皮のすぐ内側に栄養がたくさんあるそうです。見た目さえ気にしなければ、皮ごとでも柔らかくなります。そして、少量でもいいので、油と合わせると、栄養の吸収がアップしますよ。

野菜は、子ども用と大人用に、大きさを分けて切る。
同じ調理時間でも、小さければやわらかく、大きければ硬めに仕上がります。子ども用に分けて作るのは時間も手間もかかりますから、切るときに使い分けると、楽ですよ。
これを利用して、おなじにんじんでも、切り方や大きさを変えて、食感や味の違いを知るのも面白いですよ。

底の広いフライパンを使って、蒸し煮にする。さとと-フライパン
油で炒めるよりも、少量の水を入れてフタをする、蒸し煮なら、栄養も逃げず、時短できます。その際、具材に豆腐やきのこ、白菜など水分の出やすいものがあると、good!旨みの凝縮でとってもおいしく仕上がります。

包丁を使う回数を減らしましょう。包丁
一日の献立って、大体決まっていますよね。だから、朝や前日の夜など、自分の時間のある時に、包丁で切る野菜などは、一気に切っちゃいましょう。ナスなど、切ったらすぐに調理が必要なものはできませんが、葉物やにんじん、大根などならOKです。

煮込み料理は朝作ろう。
煮物などの味がしみこむのは、具が冷めていくとき。だから、朝食を作るついでに、煮込み始め、朝食後に火を止めれば、夜にはとってもおいしい煮物の完成です。フタをして余熱を利用するのもいいですよ。

こんな感じで、忙しい育児の合間、料理を楽しんでいます。お仕事などで、時間のない方にも参考になったら、うれしいです。

お料理、楽しみましょう

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ ←よかったらポチッとして下さい。
関連記事

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

Comment

Secre

プロフィール

ELMOっち

Author:ELMOっち
はじめまして。
11歳の女の子と8歳の男の子のママです。

ママも楽しみながら、子どもも喜ぶ育児を目指して!
日々、奮闘中です。

そんな生活の中から生まれた、我が家の育児ルールやレシピなどをご紹介していきますね。

ちょっとしたコツで、今までの悩みが吹っ飛ぶ・・・かも?
一緒に子育てをenjoyしましょう♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

ELMOっちメール

皆様からも子育てのコツやアイデアを募集しています。悩みや相談でも結構ですよ。

子育てカテゴリ

子育て最新記事

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

子育てリンク

FC2カウンター

検索フォーム

アクセス解析

あし@

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。