スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お絵かきレッスン 2

お絵かきを始めるときには、まず、身近なところで、パパやママの顔を描いたり、好きなもの(動物やキャラクター)を描いたりすることが多いと思います。

とはいっても、一番初めはペンを握って、ぐるぐるとなぐり書きをする程度です。

そこから、人に伝わるような絵にするためには、経験が必要になります。

今回は、人の顔を描くということが目標だったので、まずは、人物の顔を意識することから始めました。

そんな大それたことはしていませんが、

鏡で自分の顔を見る。

おふろで顔や体を洗ったり、拭いたりするときに、体の部分を意識する。


という感じで、パーツの名称と位置が意識できるようにしました。

あくまでも遊びの延長で楽しく・・・が大切です。

その後、以前紹介した、ふくわらいゲームをしたり、一緒にお絵かきをしたりしました。


福笑いの記事は、こちら

1月の遊び ふくわらいを作ろう


その後、「おめめ、はな、くち」等と言いながら、描くようにはなりましたが、大胆に描き過ぎて、できあがった時には、すべてくっついてしまう・・・という状態に


そこで、登場したのが、丸いシールです。

描くことと位置を表すことを同時にするから、難しいのであれば、まずは、場所から・・・
ということで、丸いシールを用意し、「目・鼻・口」のパーツにしました。

「目は、いくつ?」
「何いろの鼻にする?」
「口は、鼻の下にあるね~」


などと、声かけをしながら、ひとつずつ丁寧に貼っていきました。

CIMG0837.jpg

初めは、私が顔の輪郭を描いていましたが、シールだけではものたりず、一緒にとじた丸を描くようになりました。

初めは、どうしても「ぐるぐるぐる~」っと、勢いよく何重にも描いてしまったのですが、一緒に「ま~る」とか、「ぐる~」と言いながら、せんろがつながるイメージをさせて描いたら、出来るようになりました。

具体的なイメージを持つようにすると、いいみたいですよ

CIMG0833.jpg
CIMG0839.jpg

なぜか、みんな横向きになってしまいましたが、向きがさかさまの絵を描いたりするのも、子どもの絵の特徴の一つですよね。不思議~。大人より器用ですね~・・・。
CIMG0844.jpg

おやじっちみたいな絵になりました。

最近では、パーツを言いながら描くので、「手」や「足」を描くことも増えてきました。

ちょっとの刺激で、劇的に変わることもあります。

いろんな方法を試してみてくださいね



ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ ←よかったらポチッとして下さい
関連記事

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

Comment

Secre

プロフィール

ELMOっち

Author:ELMOっち
はじめまして。
11歳の女の子と8歳の男の子のママです。

ママも楽しみながら、子どもも喜ぶ育児を目指して!
日々、奮闘中です。

そんな生活の中から生まれた、我が家の育児ルールやレシピなどをご紹介していきますね。

ちょっとしたコツで、今までの悩みが吹っ飛ぶ・・・かも?
一緒に子育てをenjoyしましょう♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

ELMOっちメール

皆様からも子育てのコツやアイデアを募集しています。悩みや相談でも結構ですよ。

子育てカテゴリ

子育て最新記事

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

子育てリンク

FC2カウンター

検索フォーム

アクセス解析

あし@

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。