スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車の音は、どんな音?

2歳の息子は乗り物が大好きお姉ちゃんの影響もあって、絵本さとと-開いた本青も大好きで、よく「読んで~」と、ひざの上に乗ってきます。

そんな息子のお気に入りの本を一冊をご紹介します。

でんしゃはうたう  福音館書店
ぶん 三宮麻由子  え みねおみつ


福音館書店発行の「幼児絵本 ふしぎたね」シリーズのハードカバーです。

男の子とお母さんがホームにいて、一駅だけ電車電車に乗るお話です。でも、電車が走っている間は、全て電車の運転席の視界(一番前に乗った男の子とお母さんの視点)で描かれています。じー

我が家の息子は、「電車はどこと言いながらずっとページをめくっています。が、電車の一番前の席に乗ってからは、電車に乗った時の視界だということに気づいたのか?言わなくなりました。遠近法で描かれた風景がたまらなく魅力的らしく、ページの隅から隅までじっくりと見ています。電車に乗っていたら、一瞬の風景なのに、じっくりと見られるのがこの本の魅力です。

そして、この本の最大の特徴は、本文が全て擬音語であるということ。(アナウンスが二言ある以外は。)電車は、がたんごとんでは無かったんですね・・・。
踏み切りを通ったり、対向する電車とすれ違ったり、鉄橋を渡ったり、と、電車に乗っていると当たり前の風景ですが、全て音が違います。自分では単調な表現しかできないので、「そうそう、こんな音だった。」と納得してしまいます。
でも、「っ」が多かったり、イメージどおりうまく読めなかったり、と読み手にとっては、表現力が問われる一冊かも。

でも、大丈夫自由に読んで楽しむのもいいと思いますよ。実際に、私は、何回読んでも、「あ、間違えて読んでた。」と、気づくことがしばしば・・・。がっくりそれでも、楽しそうに聞いてくれています。

そしてこの本を読んだ後、必ず電車に乗ってみたくなります。音を聞きたくて・・・。そんなときは、ぜひ、一番前の車両の窓を確保したいですね。

皆さんも、電車の旅を楽しんでみませんか?






関連記事

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

Comment

Secre

プロフィール

ELMOっち

Author:ELMOっち
はじめまして。
11歳の女の子と8歳の男の子のママです。

ママも楽しみながら、子どもも喜ぶ育児を目指して!
日々、奮闘中です。

そんな生活の中から生まれた、我が家の育児ルールやレシピなどをご紹介していきますね。

ちょっとしたコツで、今までの悩みが吹っ飛ぶ・・・かも?
一緒に子育てをenjoyしましょう♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

ELMOっちメール

皆様からも子育てのコツやアイデアを募集しています。悩みや相談でも結構ですよ。

子育てカテゴリ

子育て最新記事

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

子育てリンク

FC2カウンター

検索フォーム

アクセス解析

あし@

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。