スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タングラム part3

タングラムの導入として、まずは自由にピースで遊んでもらいます。

ここで、自由に遊ばせながら、四角形・大きい三角形が出来たら、強く印象付けることが大切です。

今後、これらの形がとても重要になってきます。

作れるように、くり返し経験することが大切です。

例えば、大きい三角は、「パパのサンドイッチ」など、こどもの興味の持てる言葉で表現してあげることが有効です。ただ、表現方法をコロコロ変えると混乱しやすいので、イメージを膨らませることと、図形を作るための補助としての表現は、別と考える必要があります。

CIMG0590.jpg


もちろん、「大きい三角」という表現のままでもOKです。統一感を持たせて、図形そのものに集中できるようにしましょう。
CIMG0591.jpg

四角については、厳密に言うと、「正方形」なので、私の場合は、「折り紙の形」と表現しています。

本や紙は、長方形の場合の表現として、使っています。


平行四辺形については、時期がきたら、名称を教えたいと思いますが、今は、「ダイヤモンド」とか、つぶれた四角とか、子どものイメージを優先させて表現することが多いです。

平行四辺形は、実は、大きい三角形の一つのピースの向きを変えただけなので、それに気づいた時は、大いに褒めてあげてくださいね。
とても大きい発見ですよ。


さて、これらの形がスムーズに作れるようになると、パズルも楽しくなるのですが、練習ばかりではつまら無いですよね。

だから、タングラムで遊ぶ前に、毎回、少しずつこういった時間を取るようにするといいですよ。

全てのピースを出すのではなく、使ってほしいピースだけを先に出して与え、他の準備をしている時間に、集中して遊んでもらう・・・というパターンがお勧めです。


では、次回は、いよいよタングラムで遊んでみましょう。

お楽しみに


ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ ←よかったらポチッとして下さい
関連記事

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

Comment

Secre

プロフィール

ELMOっち

Author:ELMOっち
はじめまして。
11歳の女の子と8歳の男の子のママです。

ママも楽しみながら、子どもも喜ぶ育児を目指して!
日々、奮闘中です。

そんな生活の中から生まれた、我が家の育児ルールやレシピなどをご紹介していきますね。

ちょっとしたコツで、今までの悩みが吹っ飛ぶ・・・かも?
一緒に子育てをenjoyしましょう♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

ELMOっちメール

皆様からも子育てのコツやアイデアを募集しています。悩みや相談でも結構ですよ。

子育てカテゴリ

子育て最新記事

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

子育てリンク

FC2カウンター

検索フォーム

アクセス解析

あし@

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。