スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計の読み方 part5

時計を読めるようになる「魔法の時計プリント」は、いかがでしたか

今回は、時計の読み方がわかっていても、ミスしやすいポイントを紹介します。

慣れないうちは、時計の種類によって、混乱しがちです。

そのポイントを知っていれば、少しアドバイスするだけで、克服できるようになるかもしれません。

いつまでもわからないのではなく、実は、あるポイントが気になって混乱しているだけということも少なくありません。

お子さんが、今何を迷っているのかを考える参考になれば、幸いです。

時計に数字がついていない
数字が全て書いてある時計ではなく、一部(12・3・6・9など)しか書いていない、あるいは、ローマ数字などで書いてありませんか?針に近い、目盛を一緒に確認するなど、してみましょう。

短針と長針の違いがわからない針の種類によっては、どちらが短針でどちらが長針であるか、混乱してしまうことも。慣れていなくて、逆に考えていることもあるので、一方ずつ、一緒に確認していきましょう。

針がどこをさしているのかわからない
時計の位置が遠い、あるいは、デザイン性が高くて針が短いなど、様々な理由があります。どこをさしているのかを一緒に確認するといでしょう。わかりにくい時は、紙に書いてみると、いいですね。

針を勘違いしている
針によっては、中心から少しはみ出す長さのものもあります。そのはみだした部分を短針だと勘違いすることも。
間違いかたによって、判断してあげてくださいね。
また、秒針と勘違いしている場合もあるかもしれません。

長針が動いた
一生懸命考えているうちに、針が動いてしまって混乱することも。近い数字を一緒に確認し、ふぉろーしてあげましょう。

目盛がない
数字が書いてあっても、こまかい「分」の目盛がないかもしれません。近い数字にあったら、「○分」であることを確認し、だから、だいたい「○分」かな、と一緒に確認しましょう。


このほかにも、いろいろなことが障害になって、考えることができなくなっているかもしれません。
会話をしながら、解決の糸口を探り出し、一緒に考えることで、一つずつ克服していければ、いいですね




ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ ←よかったらポチッとして下さい
関連記事

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

Comment

Secre

プロフィール

ELMOっち

Author:ELMOっち
はじめまして。
11歳の女の子と8歳の男の子のママです。

ママも楽しみながら、子どもも喜ぶ育児を目指して!
日々、奮闘中です。

そんな生活の中から生まれた、我が家の育児ルールやレシピなどをご紹介していきますね。

ちょっとしたコツで、今までの悩みが吹っ飛ぶ・・・かも?
一緒に子育てをenjoyしましょう♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

ELMOっちメール

皆様からも子育てのコツやアイデアを募集しています。悩みや相談でも結構ですよ。

子育てカテゴリ

子育て最新記事

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

子育てリンク

FC2カウンター

検索フォーム

アクセス解析

あし@

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。