スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計の読み方 part1

時計は、生活する上で、切っても切りはなせない道具の一つですよね。

でも、時計が読めるようになるためには、いくつかの難関があります。

いずれは克服できるでしょうが、できれば楽しく読めるようにしたい・・・ですよね。

そこで、今回から、時計の読み方を順に紹介していきます。

今回は、まず、時計に興味を持ち始めるには・・・です。

最近は、デジタルの物が増え、時計も例外ではありません。テレビの画像の隅や、携帯、DVDデッキ、デジカメ・・・などありとあらゆるところに、デジタルの時刻が表示されています。

でも、アナログの時計も読めなくてはなりません。

そこで、まずは、時計への興味をひく第一歩として、家にアナログの時計(できれば数字の書いてあるシンプルなもの)を用意しましょう。

何も壁掛けと時計の大きいものでなくても構いません。100円ショップで購入できる小さな時計でも十分です。

数字と針の種類、動きが研究できるよう、よく目にするところにおいて、親もできるだけその時計で時刻を読むようにしましょう。

また、その時計とは別に、紙でできたおもちゃの時計盤(100円ショップで購入可)や目覚まし時計など、自由に針を動かすことのできるものも、手の届くところにおいて、自由に遊ばせるといいですね。

こうして、アナログへの恐怖感や抵抗感を持たないよう、工夫してください。

それと同時に、デジタルの方は、数字が一目瞭然なので、数字の読み方を知る機会にできます。
59までの大きな数が見ることになります。
「:」を使って表されていても、「○時○分」と読むことを伝えます。
また、60以上の数が出てこないこと、「:」の前には、12あるいは、24までしか出てこないことなどに気づくかもしれませんね。

こうして、デジタルとアナログ、両方を用いて、うまく興味を持つようにできるといいですね。

次回は、時計の本の紹介です。お楽しみに


ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ ←よかったらポチッとして下さい
関連記事

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

Comment

Secre

プロフィール

ELMOっち

Author:ELMOっち
はじめまして。
11歳の女の子と8歳の男の子のママです。

ママも楽しみながら、子どもも喜ぶ育児を目指して!
日々、奮闘中です。

そんな生活の中から生まれた、我が家の育児ルールやレシピなどをご紹介していきますね。

ちょっとしたコツで、今までの悩みが吹っ飛ぶ・・・かも?
一緒に子育てをenjoyしましょう♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

ELMOっちメール

皆様からも子育てのコツやアイデアを募集しています。悩みや相談でも結構ですよ。

子育てカテゴリ

子育て最新記事

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

子育てリンク

FC2カウンター

検索フォーム

アクセス解析

あし@

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。