スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告でマスコット作り

先日、hirapanさんのblogで、広告を活用した本づくりの記事を紹介してもらいました。

歌でお勉強♪やさいのうた♪(その1 生協カタログで絵カード)

歌に合わせたカードで、とても楽しそうです♪ぜひ、見てくださいね

そして、hirapanさん、ありがとうございました。


さて今回は、広告を使った、娘の作品を紹介します。


まずは、裏面が無地の広告に絵を描き、切り抜きました。
CIMG0418.jpg

広告の裏は、メモ用紙としても使用できますが、子どもが絵を描くことにも使用できます。豪快に描く子どもには、ノートだけでなく、広告の裏を再利用するのも経済的におススメですよ♪

広告は、ノートや画用紙とは違い、いろんな種類があるので、質感が楽しめます。つるつるした紙、ざらざらの紙など、手触りはもちろん、同じ鉛筆でも描く時の感触、色の出方などが異なります。水性ペンと油性ペンの違い、ペンによるにじみ方の違いなども楽しめます。

その紙に合った筆記具を選ぶことも重要ですよね。

そして、紙の厚さも異なるので、はさみでうまく切ることもコツが必要です。失敗を繰り返して、学んでいけたら・・・いいですよね。


CIMG0419.jpg
娘は、自分で描いた絵を使って、ごっこ遊び(人形遊び)をすることが好きです。が、ぬいぐるみのように厚さが足りないので、手に持つとぺらっとなることに不満を覚えるようになりました。

そこで、彼女は、考えたようです。

以前私が作ったフェルトのマスコットのように、中に綿をつめればいいかも・・・と。

でも、詰めるためには、裏面も必要です。そこで、まず、絵と同じぐらいの大きさに切り、中には、広告の切れ端やティッシュ、綿など(日によって異なりますが。)を詰め始めました。


CIMG0420.jpg

中に詰めたものの違いによって、手の感触が違うことも実感できたようです。時には、詰めすぎたりして、量も調節しながら試行錯誤していました。

でも、一枚だけの時よりも、扱いやすくなり、耐久性も出てきました。

しばらくしたら、表と同じくらいの大きさで、後ろ姿を描くことができるようになり、素敵なマスコットに仕上がりました。



CIMG0444.jpg
CIMG0445.jpg

初めは、「描いて~」とせがんでいましたが、ぬいぐるみやイラストを見ながら、自分で描くようになり、今では、一人でせっせと作っては、ごっこ遊びをしています。

こうした経験を通して、物事を多角的に見ることができるようになれたら・・・と思い、見守っています。


ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ ←よかったらポチッとして下さい
関連記事

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

Comment

Secre

プロフィール

ELMOっち

Author:ELMOっち
はじめまして。
11歳の女の子と8歳の男の子のママです。

ママも楽しみながら、子どもも喜ぶ育児を目指して!
日々、奮闘中です。

そんな生活の中から生まれた、我が家の育児ルールやレシピなどをご紹介していきますね。

ちょっとしたコツで、今までの悩みが吹っ飛ぶ・・・かも?
一緒に子育てをenjoyしましょう♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

ELMOっちメール

皆様からも子育てのコツやアイデアを募集しています。悩みや相談でも結構ですよ。

子育てカテゴリ

子育て最新記事

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

子育てリンク

FC2カウンター

検索フォーム

アクセス解析

あし@

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。