スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひらがなマスターへの道 part2

今日は、入園後の「ひらがな」への興味を広げる方法についてです

入園して、自分の持ちものや名前に親しみを持ち、しばらくするとお友達や先生のことも少しずつ、視界に入ってきます。お友達の名前だったり、持ち物だったり・・・見る観点は人それぞれですが、何かしら、興味は出てきます。

そこで、お友達や先生の名前が出てくるようになったら、その名前を目の前で書いてあげましょう。

きちんと見ている子は、おなじ「ひらがな」が、その子の名札や持ち物に記名されていることに気付くかもしれません。

また、自分と同じ字を見つけるかもしれません。「他の子は?」と催促してくれるかもしれません。

そうなったら、うれしいですよね。

でも、ここで決してあせらないでください。大人があせると、子どもは追い詰められて、受け身になります。
あせらず、こういった機会を自然に増やしていってください。

逆に、興味のあるそぶりをみせなくても、がっかりしないでください。態度に出さないだけかもしれないし、まったく興味がないとは言い切れません。今回がそうであっても、これを機会に、視点が変わるかもしれませんあせらず、こういう機会を持っていってくださいね。


そして、家族の名前にも興味を持てるようになると、苗字と名前の部分があることに気づきやすいですよ。

普段目にするものには漢字やカタカナが多く、意外とひらがなは少ないですが、絵本や新聞のページから知っている(見たことのある)ひらがなを探したり、歩いたり車に乗ったりしている時に、看板などから知っている字を見つけたりしてみては、いかがですか?

そうやって、少しずつ無理なく「ひらがな」への興味を広げて行ってくださいね

<まとめ>
★お友達や先生など、身の回りの人の名前を知ろう!
★家族の名前を知り、苗字と名前があることを知ろう!
★知っている字を探そう!


次回は、五十音表のつくりかたです。 お楽しみに

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ and 人気ブログランキングへ ←よかったらポチッとして下さい
関連記事

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

Comment

Secre

プロフィール

ELMOっち

Author:ELMOっち
はじめまして。
11歳の女の子と8歳の男の子のママです。

ママも楽しみながら、子どもも喜ぶ育児を目指して!
日々、奮闘中です。

そんな生活の中から生まれた、我が家の育児ルールやレシピなどをご紹介していきますね。

ちょっとしたコツで、今までの悩みが吹っ飛ぶ・・・かも?
一緒に子育てをenjoyしましょう♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

ELMOっちメール

皆様からも子育てのコツやアイデアを募集しています。悩みや相談でも結構ですよ。

子育てカテゴリ

子育て最新記事

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

子育てリンク

FC2カウンター

検索フォーム

アクセス解析

あし@

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。