スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハサミを持たせるのは、いつから?

できるなら、子どもには痛い思いをしてほしくない・・・と思うのは、親として大切な気持ちですよね。

私もそう思っています。でも、危険なことを遠ざけすぎると、自分で加減を知らない子になってしまう・・・。

難しいところですよね。


そんな話題の中で、今日は、ハサミについてです。

みなさんのお子さんは、いつから、ハサミを使っていますか?

ハサミも、十分危険なものになり得ますよね・・・。

だから、家の中でも、子どもの目につかない場所にしまわれていることが多いと思います。

でも、大人は日常のように使うので、子どもも使いたがりませんか?


使いたい気持ちは、大切なので、その気持ちがあるうちに、注意事項も一緒に伝えていくと、受け入れやすくなりますよ。だから、使いたいと思ったときが、使わせ時なのかもしれません。

ちなみに、我が家では、2歳前から、ハサミを愛用しています。・・・といっても、きちんとハサミとして紙を切るのは、2歳半前ぐらいでしたが。

そんな時、まず、手を切らないハサミを使わせるいいと思います。
刃がついていないので、切れ味は、悪いです。でも、ハサミをもつ練習にもなるし、ハサミを扱う上での注意点をしっかりと確認することができます。

さらに、薄い紙は、切りにくいのですが、少し厚めの紙なら、十分に切れます。

たとえば、お絵かき帳の表紙の厚さの紙です。

画用紙や、広告など、紙の端を持っても、ぺらんとなりにくい、張りのある紙の方が切りやすいです。

こういった紙を一緒に持ち、ハサミを一緒に使うのも、工作の楽しみが広がります。

最初の難関は、ハサミを片手で持ち、開くところにあります。正しく持たせても、手の力がまだ弱いため、なかなか大きく開けず、切るというよりも、挟んで引きちぎると言う方が近くなります。

でも、それでも子どもは、自分でハサミを使ったという満足感が得られるため、大変喜びます。危険のない程度に、初めは自由に使わせてあげてください。

そして、大人がお手本を見せるとき、決して、大人用のハサミを使わないようにしてくださいね。絶対に、同じハサミを使いたがりますから・・・。

ハサミの扱い方
①ハサミを閉じ、ハサミの刃の部分を包むように持つ。
②人に渡すときは、①の状態で、持ち手を差し出す。
③ハサミの持ち方の確認。
④使わないハサミは、机の中央か、奥に、閉じて状態で置く。
⑤使い終わったハサミは、すぐにしまう。


そして、必ず、細かい作品(ゴミ?)が出るので、レジャーシートの上でやってもらい、最後は、ビニール袋かお皿(ままごとの)を渡して、その中に集めるよう、言っています。

最後の後片付けまでが、遊びになるといいですね。

3本セットのものは、私も持っています。紫色のは、ギザギザに切れます。赤と黄色は、兄弟や親子で使ったり、よく行くおばあちゃんに家においてもらったりしていました。
軽くて安全なので、子どもが持ち歩いても、安心です。

下のハサミは、刃がついているけど、安全なカバーつきのものです。2本目に最適だと思います。



↓↓↓紙しか切れないハサミ↓↓↓



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログへ and 人気ブログランキングへ ←よかったらポチッとして下さい
関連記事

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

Comment

Secre

プロフィール

ELMOっち

Author:ELMOっち
はじめまして。
11歳の女の子と8歳の男の子のママです。

ママも楽しみながら、子どもも喜ぶ育児を目指して!
日々、奮闘中です。

そんな生活の中から生まれた、我が家の育児ルールやレシピなどをご紹介していきますね。

ちょっとしたコツで、今までの悩みが吹っ飛ぶ・・・かも?
一緒に子育てをenjoyしましょう♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

ELMOっちメール

皆様からも子育てのコツやアイデアを募集しています。悩みや相談でも結構ですよ。

子育てカテゴリ

子育て最新記事

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

子育てリンク

FC2カウンター

検索フォーム

アクセス解析

あし@

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。