スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勧め絵本~歯のはえかわり 

年長さんの娘は、今年に入って、やっと乳歯が抜けました。
「歯がグラグラする」感覚、覚えていますか?

どのくらいの期間、グラグラしていて、いつ抜けるのか、血がたくさん出るのか・・・?など、初めての経験に
ドキドキしていた娘でした。

そんな、娘のために、図書室や図書館で本を借りてきて読んであげました。


★「はがぬけたときこうさぎは・・・」



前歯がとっても丈夫なうさぎさんのお話です。このお話を読んで、娘が興味を持ったのは二か所♪
①アイスクリームを食べていて歯が抜けたこと。
②妖精さんが抜けた歯をコインに変えてくれるけど、抜けた歯は持って行っちゃうこと。

この本を読んで、娘は大事そうに、買ってもらった乳歯ケースに保管することにきめました。


★「歯がぬけた」



夕食中にグラグラしていた歯が抜けたお話です。歯が抜けたところにコーンを挟んでみたり、ストローを入れてジュースを飲んだりするシーンは、子どもには衝撃的で、歯が抜けたら、一番に真似していました。歯が抜けた後、どうするか・・・。 私が小さい時は、歯が抜けたら下の歯は上に向かって、上の歯は下に向かって捨てました。外国では、ぬけた歯をまくらもとに置いておくと、朝起きた時、妖精がコインにかえてくれてるそうです。子どもが自分なりに抜けた歯をどうするか、考える姿は、面白いですよ♪



★「まえばがぐらぐら」


歯がぐらぐらしてきて、不安そうな子どもに・・・。大人の歯に生え変わるという仕組みを教えてくれます。


★「歯がぬけたら どうするの?」


いろんな国を知る、いいチャンスです。習慣の違いも学べます。自分に合った方法を見つけ出すのに、ぴったり♪の一冊です。




乳歯がぬけるのは、誰でもが経験する成長過程の一つです。でも、大人にとっては遠い昔のお話。
子どもにとっては、寝てる時も、食べている時も遊んでいる時にも気になることです。

一緒に考え、一緒に悩み、一緒に歯が抜ける喜びを味わいたいものですね




ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ ←よかったらポチッとして下さい
スポンサーサイト

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

ウサギとカメ

『うさぎとかめ』のお話を知らない人はいないぐらい、定番ですが、
よく、ウサギとカメのどちらのタイプか?と考えます。

カメの方が、コツコツとした努力家で、よいイメージがあります。

一方、ウサギはお調子者で、油断したから負けたというよくないイメージが・・・。

でも、今年は、ウサギ年なので、ちょっと変わった見方をしてみましょう


ウサギさんは、とっても頑張って走りました。でも、疲れたので、一休み・・・。
追い抜かれてしまったけど、起きて、また頑張って走りました。



なが~い人生、時にはお休みも必要ですよね・・・。
例え、途中で抜かれてしまったとしても、競争では、結果、負けたとしても得るものあったはず。

油断は、禁物ですが、いつも頑張ってばかりでは、疲れてしまいます。

時には、のんびり構えて、過ごすのもいいのかな・・・。


こんなふうに、通常の見方ではなく、ちょっと立場を変えて、考え方を変えてみるのも面白いものです。

子どもたちには、もっと素敵な考えがあるかもしれません。

ぜひ、いろんな人と考えてみてくださいね


ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ ←よかったらポチッとして下さい

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

お勧め絵本~ウサギ編 2

お正月気分という絵本ではありませんが、

お年玉でおもちゃなどを買ったり、クリスマスプレゼントでおもちゃをもらったりして、
自分の持ち物が急に増えるこの時期に、ウサギさんの出てくる絵本はいかがですか?


『ビロードのうさぎ』



ちょっと切ないお話です。男の子が大切にしているビロードのうさぎが、「本物になりたい」と願います。
でも、「本物」とは、一体・・・?

「本物」になるためには、大切に思ってくれる気持ちが必要だそうです。

ぜひ、おもちゃを大切にする心を持ち続けて欲しいものですね・・・。






ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ ←よかったらポチッとして下さい

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

お勧め絵本~干支のはなし

今日で、今年も最後となりました。
たくさんの方に、このブログを読んでいただいて、嬉しかったです。
ありがとうございました。


さて、明日は来年ということで、ウサギ年です。

とら年から、バトンタッチですが・・・・、さて、干支とは、どのように決まったのでしょうか?

中国では、いのししの代わりに、ブタさんなのをご存知ですか?

干支には、イヌがいるのに、なぜネコがいないの?

など、動物がいっぱい出てくるので、子どもたちも興味津々です。

ブタさんとイノシシさんのお話は出てきませんが、日本の干支が、どうしてこの順番になったのか・・・

それを解決してくれる絵本を紹介します。






十二支のはじまりについては、たくさんの絵本が出ています。

動物さんたちの競争なので、小さいこどもも興味を示してくれるはず・・・。

ぜひ、気に入ったイラストの絵本で読んであげてくださいね♪


『十二支のはじまり』の絵本の検索はこちらから♪


来年も、このブログを充実させていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

それでは、よいお年をお迎えください



ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ ←よかったらポチッとして下さい

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

来年の干支 ウサギのおすすめ絵本 1

来年はウサギ年ですね。

ウサギが出てくる絵本と言えば・・・、この本が真っ先に浮かびます。

『しろいうさぎとくろいうさぎ』



ロングセラーの定番の本なので、ご存知の方も多いと思います。

この絵本との出会いは幼稚園の頃でした。
当時、ウサギの絵ばかり描いていた私には、とても衝撃的な出会いで、「すごくきれいなウサギ」という印象を持ったのを覚えています。

ウサギの毛、一本一本まで丁寧に描かれていて、とても写実的です。それでいて、墨採画のようなほわ~んとした印象もあり、とっても不思議な気分になり、引き込まれます。

ウサギの表情が、とってもかわいくて、考え込む顔や目をまんまるくして驚くところなど、ウサギの感情と表情がイラストだけでも十分に堪能できます。

物語を追うことがまだ難しい小さい子でも、「このうさぎさんは、どんな気持ちなのか」を考えることができます。


怒っているのかな?
泣いているのかな?
困っているのかな?
嬉しいのかな?

・・・こんな顔をする時は、どんな時かな?

自分だったら、こんな状況でこんな顔をするというような、具体的な話ができるようになると、とても面白いですね


こどもの意外な一面を見たり、子どもならではの感覚で答えてくれるので、とても面白かったりしますよ
きっと。


ストーリーの内容は、とても簡単で、いつも一緒に過ごしている仲のよいウサギが、真実の愛にたどり着くまでです。
恋や愛に気づき、悩める姿をイラストで表現されています。

文章は、くり返しが多いので、子どももすぐになじみます。

最後の結婚式のシーンまでは、「しろいうさぎ」と「くろいうさぎ」しか出てこないのも特徴的です。

まるで、「ぐりとぐら」の世界のようですが、「ぐりとぐら」のように、モノが出てきて悩むのとはちがって、
くろいうさぎの中にある、目に見えない不思議な感情を悩むので、少し、小さい子にはどこまで踏み込めるか分かりません。

が、読めば読むほど味わい深い本で、大人になっても人気があるのがわかります。

どんな年齢の人でも、どんな立場の人でも、楽しめる絵本です。

ぜひ、いちど読んでみてくださいね




ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ ←よかったらポチッとして下さい

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

プロフィール

ELMOっち

Author:ELMOっち
はじめまして。
11歳の女の子と8歳の男の子のママです。

ママも楽しみながら、子どもも喜ぶ育児を目指して!
日々、奮闘中です。

そんな生活の中から生まれた、我が家の育児ルールやレシピなどをご紹介していきますね。

ちょっとしたコツで、今までの悩みが吹っ飛ぶ・・・かも?
一緒に子育てをenjoyしましょう♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 子育てブログへ

ELMOっちメール

皆様からも子育てのコツやアイデアを募集しています。悩みや相談でも結構ですよ。

子育てカテゴリ

子育て最新記事

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

子育てリンク

FC2カウンター

検索フォーム

アクセス解析

あし@

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。